キンタメ

事件

下山事件 戦後最大の未解決事件

下山事件とは 下山事件は1949年(昭和24年)7月5日朝、出勤途中の初代国鉄総裁・下山定則が失踪。翌6日午前0時30分頃、常磐線五反野ガード下の線路上で轢死体となって発見された。 自殺、他殺、両方で捜査されたが、殺人事件としては公訴時効が成立しており…

表現の自由を少し考えてみる

憲法第二十一条とは 日本国憲法は、第二十一条で「表現の自由」を定めている。これによって、何かを「表現」するとき、その内容について国からの干渉を一切受けることなく、完全に「自由」に「表現」する権利を誰もが得ている。