キンタメ

『プリーズ・プリーズ・ミー』 ビートルズ ファースト・アルバム

       f:id:kinta-kk:20180531121607j:plain

 

ビートルズのファースト・アルバム 

 

 『プリーズ・プリーズ・ミー』(モノラル)は1963年3月22日リリース(ステレオ盤は4月26日)。「プリーズ・プリーズ・ミー」のヒットを受け急遽レコーディングされたビートルズのファースト・アルバム。正式タイトルは『Please Please Me with Love Me Do and 12 Other Songs』。

 

 

アルバム・コンセプト

 

 プロデューサーのジョージ・マーティンは、ビートルズの最大の魅力であるライブの熱気や迫力をレコードに収めたいと考えた。アルバムはビートルズのホーム・グランドのキャバーン・クラブでのライブレコーディングが企画されたが、キャバーンはレコーディングにふさわしい環境でなかったため断念した。

 結局 EMI スタジオでのレコーディングになったが、アルバムのコンセプトはそのままでスタジオ・ライブ風な形を取りほぼ ”一発録り”で制作された。

 

1963年2月11日 レコーディング

 

 レコーディングは既発の「ラブ・ミー・ドゥ」「P.S.アイ・ラブ・ユー」「プリーズ・プリーズ・ミー」「アスク・ミー・ホワイ」4曲を除き、1963年2月11日に行われた。

 わずか1日しかない録音を終えるなど今では考えられないが、人気が落ちる前にとにかく一刻も早くリリースしたいレコード会社の都合だった。シングルが中心の時代、LPレコードはその程度の価値だったのだろう。

 レコーディングは10時間に及びジョンの声は限界にきていたため、最後の曲「ツイスト・アンド・シャウト」は2テイクしかできなかった。

 

ジャケット・デザイン

 

 ジャケット写真は EMIスタジオ前の案があったが、最終的にロンドンのマンチェスター・スクエアにあるEMI本社で撮影された。カメラマンはアンガス・マクビーン、1963年2月中旬に撮影された写真が使われた。

  6年後にニュー・アルバムのジャケット用にアンガス・マクビーンによって同じ場所で同じ構図の写真が撮影された。

  しかしアルバム発売が中止になったため写真はお蔵入りとなったが、1973年にリリースされたベスト盤、『ザ・ビートルズ 1966年-1970年』のジャケットに使用された。

 

空前のヒット

 

 セカンド・シングル「プリーズ・プリーズ・ミー」がヒットしてる中、ファースト・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』がリリース。

 イギリス、メロディ・メーカー誌5月4日付で1位になり、以後実に30週にわたり1位の座をキープする空前のヒットとなった。ちなみに『プリーズ・プリーズ・ミー』に代わって1位になったのはセカンド・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ(With The Beatles)』である。

 

アメリカのリリース

 

 イギリスで記録的なヒットになったが、アメリカではまだ無名のグループだったため                EMIのディストリビューションであるキャピタル・レコードはリリースを断る。

 1963年7月22日アメリカ版『プリーズ・プリーズ・ミー』は『イントロデューシング・ザ・ビートルズ (Introducing… The Beatles)』というタイトルでマイナー・レーベルのヴィー・ジェイからされリリースされた。

 

        f:id:kinta-kk:20180601121328j:plain

  発売当初はまったくヒットせずに終わったが、12月に「抱きしめたい」がキャピタルからリリースされビートルズ人気に火がつくと、ヴィー・ジェイはすぐに『イントロデューシング・ザ・ビートルズ 』を再発。『ミート・ザ・ビートルズ(Meet The Beatles)』を追っかけてチャートを駆け上がった。

 

日本の反応

 

 アメリカでブレークするとアメリカに追随している日本でも人気が出始めた。日本でのファースト・アルバムは1964年4月5日東芝音楽工業から『ビートルズ』がリリースされた。

        f:id:kinta-kk:20180601130558j:plain

 

 アメリカ盤『ミート・ザ・ビートルズ』を模したジャケットだが収録曲は日本独自で、既発シングル5曲と『プリーズ・プリーズ・ミー』『ウィズ・ザ・ビートルズ』の人気曲が選ばれている。完全に初期のベスト盤といったアルバムだ。

 『プリーズ・プリーズ・ミー』が日本で聴けるようになるには1966年5月まで待たなくてはならない。

 来日を記念してリリースされたあるばむは、収録曲は同じでだあるものの、なぜか曲順はシャッフルされており、ジャケット写真もまったく別のものに差し替えられている。

        f:id:kinta-kk:20180601131102j:plain

『プリーズ・プリーズ・ミー』は国によって違った形でリリースされたが結果的に世界中で大ヒットした。アメリカでは『ミート・ザ・ビートルズ』が1位を独走していたため2位止まりであったが、ミリオン・セラーを記録した。

 ヴィー・ジェイの権利が切れた後、キャピトルは『ジ・アーリー・ビートルズ』を1965年にリリース。アメリカ版『プリーズ・プリーズ・ミー』を販売した。

 

 何はともあれ、『プリーズ・プリーズ・ミー』はビートルズの記念すべきファースト・アルバムであり、制作過程から考えてビートルズの全作品中コストパフォーマンスが最も高いアルバムである。

 

プリーズ・プリーズ・ミー

プリーズ・プリーズ・ミー